Slider

【モテたい男必見】大阪のキャバ嬢に気に入られるのは余裕のある男

【モテたい男必見】大阪のキャバ嬢に気に入られるのは余裕のある男

誰だってキャバ嬢にはモテたいものです

もし色んなキャバ嬢からモテるようになれば、お店へ通うのが楽しくなりそうですよね。
男なら「キャバ嬢にモテたい!」とつい考えちゃうものですが、誰だってモテるわけじゃありません。

キャバ嬢にモテる男は基本的に余裕がある男です。
ちょっと大変そうですね。
でも、コツさえ掴めばキャバ嬢に気に入られるようになりますよ!

 

キャバ嬢にモテる男①即座にドリンクを頼む

キャバ嬢にモテる一番の秘訣が即座にドリンクを注文することです。
席に着いてからスマートに注文できるのが理想ですね。
初めてのお店だとそう簡単にはいきませんけど、メニューを見てサッとオーダーできるとキャバ嬢から一目置かれます。

逆に「どれがええかな~」って、ドリンクの注文で延々迷ってると優柔不断な男って思われちゃいます。
キャバ嬢も内心では「早く決めてよ」って思ってますし、迷うのはスマートじゃありません。
メニューを見たらすぐ注文して余裕を見せちゃいましょう!

 

キャバ嬢にモテる男②モテる男は話し上手

話が上手な男性は基本的にモテます。
話題が面白いのはもちろん、話の振り方だってお手の物です。

キャバ嬢を夢中にできるくらい話が上手い人は、どのお店に行ってもキャバ嬢に気に入られますね。
話の流れを掴んで、キャバ嬢を楽しませることを心がけましょう!

ちなみにモゴモゴ話したり、自信なさげに話すのはNGです。
あとキャバ嬢の興味を引かない話題も避けるべき。
話すのが苦手な人もちょっと大変かもしれませんね。

もし自分から話を振るのが苦手な人は、聞き役に徹するのもひとつの方法です。
キャバ嬢から話を振られたら、ほどよく相槌を打ち、相手の目を見て喋ることを意識してみてください。

 

キャバ嬢にモテる男③気遣いができる

気遣いは何よりも大事です。
モテる男性は基本的に空気を読むのが得意で、相手に対する気配りがとても上手です。
これはキャバクラへ行った場合も同じで、気配り上手の人はキャバ嬢からの好感度もアップします。

逆に気配りとかができていないと、「空気読めない男」って思われちゃいますよ。
場の空気を感じ取って、必要な時に気遣いできるのがスムーズです。
ただ、過度に気を配りすぎるのも、キャバ嬢に気を遣わせてしまいますから気をつけなくてはいけません。

 

キャバ嬢にモテる男④自慢話をしない

自分の話になると、ついつい自慢したくなることってありませんか?
趣味や得意なこと、更には自分の職業や役職の話などなど、キャバクラでは自分の話題になることって割と多いです。
ちょっと良い所を見せようとして自慢したくなりますよね。

けど、ハッキリ言って自慢話する男は大半のキャバ嬢から嫌われます!
良い所を見せたいからって、鼻高々の天狗になるのは止めましょう。

もし自慢話がエスカレートすると、恐らくキャバ嬢全員ドン引きしますし、場もシラけます。
話がトーンダウンして興ざめしかねません。
何があっても自慢せず、謙虚にいきたいですね。

 

キャバ嬢にモテる男⑤口説こうとしない

キャバ嬢と付き合いたいからと言って口説く人もいます。
が、口説くのはダメゼッタイですよ!

キャバ嬢が嫌うお客さんって色々いますけど、口説く人はダントツで上位に入ります。
初めて行くお店で口説く人もいますが、正直考えられませんよね。
軽い男って思われるのが関の山です。

少し厳しいですが、キャバ嬢を必至に口説いて何が得られるんでしょうか?
何度もお店に通って同伴して仲良くなったとしても、特に脈がなければ口説くべきじゃありません。
脈があってもNGですが、何にしても口説いてくる人はキャバ嬢に嫌われます。

 

女性にモテる秘訣でもある

以上がキャバ嬢にモテるか、気に入られる人の特徴です。
こう見ると、キャバ嬢だけじゃなく女性にモテるために必要なことなのが分かりますね。

女性にモテるコツがキャバ嬢にモテるコツとも言えます。
焦らずがっつかず、余裕を持ってキャバ嬢と接したいところですね。

キャバ嬢に好かれたいならカテゴリの最新記事